仮想通貨とは一体何か!基礎知識を身に付けよう

>

国境を越えた通貨

仮想通貨とは一体何か

​仮想通貨とは、円やドルのように国家が価値を保証していない、インターネット上で取り引きされる通貨です。
不正を防止するために暗号化されているものもあることから、暗号通貨やデジタル通貨とも呼ばれています。

国が認めていない上に、紙や硬貨もない実態のない通貨だなんて、なんだか良くわからなくて手を出すのが怖いという人も多くいらっしゃると思います。
しかし日本は世界と比べても仮想通貨を利用している人の数は多く、そのメリットや実用性が徐々に浸透してきています。
実際に売買するのかはさておき、そんな仮想通貨についてきちんと知っておくことは大事ですね。
それでは、仮想通貨とは一体どんなものなのか、少しばかり学んでいきましょう。

信頼の上に成り立つ通貨

​そもそも国家が価値を保証している円やドルといった通貨でさえ、すべての人々がそれをお金としてきちんとした価値があると認識しなければ成立しません。
極端なことを言ってしまえば、例えば友達同士で通貨を作り、その通貨で友達から物を買うことだって、相手がその通貨に価値があると認めれば成立するのです。
仮想通貨も同様に、たくさんの人が価値を見出し、売買して流通した結果、国の保証がなくとも一つの通貨として成り立っているのですね。
実際、たくさんの開発者が仮想通貨を開発しており、その種類は一千種類を超えていると言われています。
ビットコイン、リップル、イーサリアムは有名な仮想通貨の名前ですが、一度は聞いたことがありませんか?


TOPへ戻る