仮想通貨とは一体何か!基礎知識を身に付けよう

>

仮想通貨の管理方法を知ろう

仮想通貨の管理方法

​仮想通貨を正しく知ることは、仮想通貨を利用する上でのリスク回避になります。
ここでは、仮想通貨の管理方法について述べたいと思います。

仮想通貨と円やドルなどの通貨の違いは、紙幣や硬貨の有無もそうですが、第一に特定の国家の中央銀行が管理していない点が挙げられます。
誰も管理していない通貨だなんてやはり怖い気もしますが、仮想通貨の場合は、コンピュータのインターネット上のシステムで管理されているそうです。

例として、ビットコインの管理方法をご紹介したいと思います。
ビットコインを売買したり取り引きしたり、新しく発行したりした情報は、すべてインターネット上で保存されます。
その履歴は閲覧可能で、そのおかげで偽造や二重支払いなどを防止することができるそうです。

ビットコインの管理の仕方

​ビットコインの取り引きや発行の情報は記録として残りますが、先に述べたメリットである匿名性の高さは健在で、その個人情報は一切残りません。
情報の記録を残す目的は、ビットコインの不正防止や整合性を保護するものなので、匿名性の面では、安心して利用して大丈夫なようです。
インターネット上で行う管理の不具合も、ビットコインは解決策を編み出し整合性を高めています。
こういった管理を、もし組織などの人の手で行なっているのであれば、それは従来の通貨と同じになってしまいます。
コンピュータのインターネット上で管理され、仲介役がいないから仮想通貨と呼ぶのであって、だからこそリーズナブルでスピーディな送金が可能となるのですね。


TOPへ戻る